海辺秀一さんの一日をご紹介します

本部課長兼スーパーバイザー海辺 秀一さんの一日

出勤
09:45 本社に出社、先ずはメールのチェックから
まずは本社に出勤し、事務作業から一日は始まります。一日中本社にいる事もありますが、店舗に出る日は午前中にいかに段取りよくデスクワークを進めるかが大切です。
OPEN前にスタッフと最終確認
11:15 今日は店舗の訪問日、週の内4日~5日は店舗で過ごします。
本社での事務仕事も大切ですが、週に4~5日は店舗に出て働きます。やはり実際に現場に出ないと気付かない点はたくさんあります。そういう意味では、本社と店舗を行き来できるこのポジションは、大変ですが、八角全体をふかんで見る事ができるのでとてもやりがいのある役職です。
外観のチェック
11:20 到着すると先ずはお客様の視点で外観のチェックから
お客様に気持ちよくお出迎えする外観。細かい所もチェック。看板の魅せ方やレイアウト変更なども行います。最近聞いたのは外看板を見ながら入ってきたお子さんが、「外に書いてあった木の看板の料理が食べたい!」と言いながら入店されたので、これも大事なチェック項目ですね(笑)
挨拶
11:30 「おはよう!」お客様と同じ入り口から入ります
OPEN前はスタッフみんながいい緊張感の中、固くならないように声掛けしたり、モチベーションを上げたりしますね。全てはお客様の笑顔の為に、スタッフにも気持ちよく働いてほしいその想いだけです
味の確認
12:00 ランチタイムで味の確認
ピークタイム中にスタッフの作ったお好み焼きの味をチェックします。もちろん味も大事ですが見た目も美味しさの一つ。味のブレが無いか細かくチェック。少しづつ上達してきているのを見ると、本当にうれしくなります。
ホールの隅々までチェック
13:00 ホールの隅々までチェック
ランチタイムも一段落し、このアイドルタイムももちろん夕方からの準備に念が入ります。お客様への最高のサービスをするには、ささいなことも重大なミスに繋がりかねない。「ここはこの方がいいよ!」や、「これはこうした方が早くお客様に提供できるよ!」などを教えることで、そのスタッフも今度は他のスタッフに教えたりでき、それが結果お客様の満足度に繋がると考えています。
店長と打ち合わせ
14:00 ピークタイムを終えると、店長と今日のチェック内容に関して確認していきます。
やはり実際に現場に立つと、細かな改善点が見えてきます。毎日同じ店舗に出るわけではないので、店長と細かく打ち合わせをしていきます。店舗ごとに違った改善点があるので、広い視野を持って全体を見る事がとても大切だと思っています。